気になるJBLブックシェルフ型スピーカーを比較する

HiFiの極意

JBL

過去に YAMAHA、ONKYO、Pioneer、SONY、JBL 等々、タイプは違えど色々なスピーカーをぼんやりと使ってきましたが、やっぱり自分好みで「おっ!」と唸らせるスピーカーってのは JBLです。

直感的に、低中音域がやっぱり好きなんですよね〜理屈は不明ですが「好み」なんです。

現在検討中のPC(Chromebook)オーディオ用のスピーカーも JBL にしたいかな・・・ただ、スペースの関係でブックシェルフ型とかいうタイプを選定したい!昨年購入したテレビ用にも JBL を購入しましたが、そちらは手頃な価格のフロアスタンディング型(JBL Stage A180)だけど・・・音はとっても良い感じ。

興味があるブックシェルフ型は・・・比較表を作成しておきますが、実際には、本投稿記事の末尾に挿入した YouTube 動画を参考にしています!

モデルStage A180Stage A130Studio 630
発売日2018年7月2018年7月2019年6月
タイプ3ウェイ2ウェイ2ウェイ
ツイータ25mm
ホーン
25mm
ホーン
25mm
ホーン
ウーハ165mm x 2133mm165mm
感度90dB86dB85dB
インピーダンス
再生可能周波数特性40Hz〜40kHz55Hz〜40kHz45Hz〜40kHz
クロスオーバー1.4kHz、2.0kHz3.2kHz1.9kHz
サイズ(W x D x H)230 x 295 x 1000mm190 x 230 x 321mm230 × 280 × 372mm
価格83,600 JPY30,800 JPY110,000 JPY

更に・・・

モデル4309L52 ClasicHDI-1600
発売日2021年7月2021年10月2021年初夏
タイプ2ウェイ2ウェイ2ウェイ
ツイータ25mm
ホーン
19mm
チタンドーム
25mm
ホーン
ウーハ165mm133mm165mm
感度87dB85dB90dB
インピーダンス
再生可能周波数特性42Hz〜30kHz47Hz〜24kHz40Hz〜30kHz
クロスオーバー1.6kHz2.8kHz1.9kHz
サイズ(W x D x H)260 x 227 x 419mm 216 x 197 x 330mm230 × 293 × 384mm
価格198,000 JPY110,000 JPY220,000 JPY

参考した YouTube ですが・・・上記に比較は、参考動画をベースにしています。

規格だけで、スピーカーを選定するのはナンセンスなんでしょうね。実際にオーディオショップ等で実際に音を聞いて決めるべきなのは重々知ってはいるのですが・・・時間もないし、ネットには山程情報があるし・・・迷っているうちが楽しいのかもしれませんが。

Posted by Zero Cool