Amazonプライムビデオの会話音声が小さい問題はAVアンプを熟知する必要がありそうです!

HiFiの極意

テレビを新調、AVアンプ導入、3.1chのスピーカーを設定とちょっと環境が整ってきて、週末になるとムラムラと映画を鑑賞したくなる・・・YouTubeだけの鑑賞ではもったいないので。現在、購入している「Amazonプライムビデオ」にある映画を実際に鑑賞してみる・・・素晴らしい効果音が流れ、あっと驚く大迫力!ですが、肝心の会話の音量が小さくて、時には聞こえない!

色々と音質設定を変更して、最も聞こえる「マルチチャンネルステレオ」へ設定すると会話が鮮明になるのだけれど、やっぱり効果音に比べると会話が小さいな〜原因が機種依存ということもあるのでしょうけど、何とか改善できないのか・・・

その映画がDVDやBlue-rayで販売され、Hulu などの動画配信サービスで配信されてもそのままサラウンドの設定のままなんです。

だから、5.1ch サラウンド設定ではないご家庭のテレビで視聴すると、効果音やBGMがやけに大きく、音声会話が小さいという現象が起きます。

多くのテレビには画像のような「音声」の調節メニューがあります。そこに「サラウンド」や「5.1ch」などの項目あるので、これをサラウンドなら「オフ」に 5.1ch なら「2.1ch」へ変更します。

機種によってはサラウンドオフのかわりが「PCM」の表記です。

引用元:「DVDや動画配信で映画をテレビで観ると音声会話が小さすぎる問題を解消する方法 | Tanweb.net」より

上記のウェブページには、解決策が記載されていますので、参考にされるのが良いと思いますが、我が家の場合、テレビの設定で「音質に関しては、接続するオーディオシステムで調整する」設定にしているため、AVアンプの音質設定で調整する必要がありそうです。

最初に記述しましたが、AVアンプ側で「マルチチャンネルステレオ」にすることで会話がクリアになるということを経験的に理解しましたが、もう少々、明確に音質選定に関して知る必要がありそうです・・・

Posted by Zero Cool