浴室に観葉植物「カポック(斑入り)」を飾る

ボタニカルライフの極意

浴室に観葉植物を飾ることは、以前から考えていました。と言うよりも、何度か実践しましたが、妻や娘達に最終的に猛反対されてやめてしまった経緯があります。理由は、窓を開けっ放しにする(観葉植物のために風を通したかった!)ので、妻や娘達の入浴時に毎回窓を閉めるのが面倒くさい、ということでした!

妻が他界、娘達が独立した今・・・チャンスです!浴室に観葉植物を飾ること!

色々と物色していたのですが、最終的には「斑入りカポック」、市場では「ホンコンカポック(ハッピーイエロー)」と呼ばれている品種にしました。何と言っても「木である観葉植物で、葉が斑入り」であることが選定理由ですが、それ以外にも、以下のウェブサイトを参考にして、意思決定!

浴室で上手く育つ植物とはどういったものでしょうか? まず第一に「耐陰性」があることです。浴室は家の北側にあることが多く、また窓があってもそれほど大きくないと思われます。そのため多少日当たりが悪くとも育つことが重要。このシェフレラは耐陰性、耐寒性があり丈夫で育てやすいですね。

引用元:「【お風呂改造記】お風呂をジャングルにしよう! 浴室で育てる観葉植物 | スチームパンク大百科S」より
ホンコンカポック(ハッピーイエロー)
ホンコンカポック(ハッピーイエロー)

市場では、素晴らしい姿のものが多く、なかなか小振りで葉が多いものがなかったのですが・・・4号鉢に入った小振りの「ホンコンカポック(ハッピーイエロー)」を発見!即購入しましたが・・・いや〜浴室に置いてみたのですが・・・いや〜良い!

これから長い付き合いにあると信じて、ゆっくりと観察していきたいと考えています。